IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

大東大原水かけ祭り/岩手・一関市

 2018年02月12日 11:24 更新

 県の無形民俗文化財に指定される「大東大原水かけ祭り」が、11日、一関市で行われ、裸の男衆が冷たい水を浴びながらまちの目抜き通りを駆け抜けました。

 (通りを駆け抜ける)

 「大東大原水かけ祭り」は、江戸の大火をきっかけに1658年に始まったとされ、360回目を迎えました。防火だけでなく、無病息災などを祈る祭りとして受け継がれています。今年は地元一関市をはじめ全国各地から310人が参加し、雪が強まる中、さらしにわらじ履きという姿で大原地区の中心部を駆け抜けました。多くの人が詰めかけた沿道からは、おけやバケツで冷たい水が一斉に浴びせられ、男たちは声をあげながら完走すると、充実した表情を浮かべていました。

今日のニュースエコー

岩渕麗楽ビッグエア▽地元から声援▽流氷津波に備えろ ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/02/22 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。