IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

郷土の先人 新渡戸稲造にちなんだ給食/岩手・盛岡市

 2018年02月07日 19:00 更新

 盛岡の小学生が7日、郷土の先人・新渡戸稲造にちなんだメニューを給食で味わいました。
 盛岡市は原敬や石川啄木など優れた先人について知ってもらおうと2006年から「先人ゆかり給食」を行っています。今年は新渡戸稲造にちなんだメニューが市内のすべての小学校と一部の中学校で提供されます。7日は仙北小学校6年1組を谷藤市長が訪れ、児童36人が一緒に給食を味わいました。

(児童)いただきます!

 献立は1933年、新渡戸稲造が盛岡のレストランで最後に食べたと伝えられるメニューをアレンジしたもので、スープ仕立ての魚料理「ブイヤベース」や、「牛ハンバーグマッシュルームのクリームソース」など6品です。

(リポ―ト)「児童たちは事前に新渡戸稲造について学んでいます。平和や平等といった新渡戸稲造の理念を学んだうえで給食に臨んでいます」

 国際人として活躍した新渡戸らしい洋食メニューを児童はおかわりしながら楽しみました。

(児童)「とてもトマトの風味も効いているし、魚介の味もとても美味しいなと思いました。稲造さんは日本と他の国の懸け橋になって、洋食を取り入れているのが稲造さんらしいと思いました」

特別な給食を通じて、児童は郷土の先人をより身近に感じることができたようです。

今日のニュースエコー

岩渕麗楽ビッグエア▽地元から声援▽流氷津波に備えろ ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/02/22 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。