IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

冬道でスリップか 正面衝突事故相次ぐ/岩手

 2018年02月03日 11:55 更新

岩手県内で冬道でのスリップが原因と見られる、車の正面衝突事故が相次ぎ、一関では77歳の男性が亡くなりました。
2日午後4時前、一関市藤沢町増沢の市道で、軽ワゴン車が対向車線にはみ出し、対向してきたトラックと正面衝突しました。この事故で軽ワゴン車を運転していた、一関市川崎町薄衣の造園業、及川洋一さん77歳が頭を強く打ち、およそ2時間後に亡くなりました。現場は見通しの良い直線道路で、事故当時は晴れていましたが、路面は凍結しており、警察はスリップが原因とみて調べています。なお2日、一関では交通事故が相次ぎ、花泉町油島の県道では2日午後、近くの無職、鈴木アエ子さん88歳が道路を横断中、乗用車にはねられ、腰の骨を折るなどして3日午前、亡くなりました。一方、3日午前5時ごろ、大船渡市の三陸自動車道吉浜トンネルの、大船渡側入口付近で、乗用車が対向車線にはみ出し、トレーラーと正面衝突しました。この事故で乗用車を運転していた、60代の男性が意識不明の重体です。事故当時、道路は圧雪状態で、警察はスリップが原因の可能性が高いと見て調べています。

今日のニュースエコー

岩渕麗楽ビッグエア▽地元から声援▽流氷津波に備えろ ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/02/22 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。