IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

高校生が建設業の現場を体感/岩手・盛岡市

 2018年01月23日 18:12 更新

 建築を学ぶ盛岡市の高校生が大規模な建設工事現場を見学し、実際の工事の仕組みを学びました。
 工事現場を訪れたのは盛岡工業高校建築・デザイン科の1年生、35人です。住宅の設計などを学んでいて、年に1度、工事現場を見学しています。
(建設会社の担当者)「岩手公園から岩手山が眺められるように高さを抑えているんですよ」
 23日は建て替え工事が進む新しい岩手教育会館と災害公営住宅となる盛岡市内の県営アパート建設現場の2か所を見学しました。このうち、岩手教育会館では隣りのビルで現場担当者から建物の特徴や工事の進み具合を聞いた後、現場に向かいました。新しい教育会館は再来月で工事が完了し、5月の連休明けのオープンを予定しています。外観はほぼ完成し、今は連日、90人ほどの作業員が内装の仕上げをしています。生徒たちは天井の高さが6メートルある大会議室の広さを自在に変えられる仕組みなど大規模な工事の様子を食い入るように見つめ、音響設備や工事費用について熱心に質問していました。
(生徒)「作業の人数とか時間とかもすごい桁違いで驚きました」「壁のところに下地をやってボード(壁材)を貼るって言ってたんですけど、僕は今まで壁に(直接)ボードを貼ったりしてるのかと思っていたのでそこはびっくりしました」「建設会社で働くのが夢なので、これからこのような道を進むんだなと思って少し緊張っていうか、そういうのも感じました」
 生徒たちは見学を通して将来の夢を膨らませていました。

今日のニュースエコー

岩渕麗楽ビッグエア▽地元から声援▽流氷津波に備えろ ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/02/22 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。