IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

交通死亡事故相次ぐ/岩手

 2018年01月10日 11:50 更新

岩手県内では9日夜、交通死亡事故が相次ぎました。八幡平市では乗用車を運転していた40代の男性が死亡。一関市では車の助手席に乗っていた、2歳の男の子が死亡しました。
9日午後10時ごろ、八幡平市松尾の国道282号で、盛岡市方面に走行中のトラックが、センターラインをはみ出し、前から来た乗用車と正面衝突しました。この事故で乗用車を運転していた、秋田県由利本荘市の斎藤博さん41歳が、頭などを強く打ちおよそ1時間半後に死亡しました。現場は長い下りカーブの途中で、事故当時は時折吹雪き、路面は凍結していました。警察はトラックがスリップして、カーブを曲がり切れなかったと見て、トラックを運転していた札幌市の運転手、小俣文雄容疑者61歳を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕し、容疑を過失運転致死に切り替えて原因を詳しく調べています。この事故のため現場付近は、およそ2時間に渡り全面通行止めになりました。八幡平市の国道282号では今月1日に、今回の事故現場から1キロほど南の場所でも、死亡事故が発生していて、岩手警察署は管内に「交通死亡事故多発警報」を発令して、取り締まりなどを強化しています。一方、一関市川崎町薄衣の国道284号では、9日午後6時過ぎ、車3台が絡む追突事故が発生し、最初に追突した軽乗用車の助手席に乗っていた、小野寺永幸ちゃん2歳が頭などを強く打ち、10日午前10時前に亡くなりました。運転していた母親の美鈴さん33歳は、打撲の軽いけがをしました。現場は片側1車線の直線道路で、事故当時は右折待ちなどで複数の車が停止していました。

今日のニュースエコー

マダラで水産復興を▽渋谷に集う岩手県人▽「水しぎ」 ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/01/24 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。