IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

サンマ水揚げ量 前年比36%減/岩手

 2018年01月09日 10:22 更新

 岩手のサンマの水揚げ量が、去年はおととしの6割あまりにとどまりました。サンマは全国的に不漁で、日本近海に群れが集まらなかったとみられます。

 全国さんま棒受網漁業協同組合のまとめによりますと、去年の岩手のサンマの水揚げ量は1万3914トンで、おととしから36%減りました。水揚げのほとんどが大船渡港で前年比20%減の1万1088トン、釜石港は1474トン、宮古港は1350トンに落ち込みました。10キロ当たりの平均単価は31%高い2623円でした。水揚げの減少は全国的で、全国の合計は前年比30%減の7万7169トンでした。最も多い北海道根室市の花咲港は2万7237トン、2番目の大船渡港は本州の港で唯一、1万トンを超えました。

今日のニュースエコー

マダラで水産復興を▽渋谷に集う岩手県人▽「水しぎ」 ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/01/24 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。