IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

中尊寺で金盃披き/岩手・平泉町

 2018年01月08日 19:00 更新

 平泉町の中尊寺では、8日、正月恒例の「金盃披き(きんぱいびらき)」が行われ、参加者が様々な願いを込めながら金色の盃で酒を飲み干しました。
 中尊寺の金盃披きは元日から続いた、「修正会(しゅしょうえ)」という法要が無事に終わった事を祝い、毎年1月8日に行われています。今年の金盃披きは例年行われる大広間が改修中のため、本堂で行われました。8日は町の内外からおよそ150人が出席し、金色の盃になみなみと注がれた清酒を次々と飲み干していきました。盃は大、中、小の3種類があります。大には3合半の酒が入り、大、中、小全てを飲み干すと末広がりの「八」合になります。参加した人たちはそれぞれに願いを込めて盃を傾けていました。

(参加した女性)「年女でもありますので、仕事にプライベートに充実した一年を送りたい」
(参加した男性)「金盃披きにふさわしい味がしまして、今年一年頑張れるかなと」

 中尊寺の山田俊和貫首は元日からの法要を終え、「日本の国内外、世界に目を転じるといいことばかりではないので天下泰平を祈った」と話していました。

今日のニュースエコー

マダラで水産復興を▽渋谷に集う岩手県人▽「水しぎ」 ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/01/24 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。