IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

大正時代から続く市場 年内最後の朝市にぎわう/岩手・大船渡市

 2017年12月30日 11:45 更新

岩手県大船渡市で30日朝、今年最後の「朝市」が開かれ、年越しの品を買い求める人たちでにぎわいました。
今年最後の「市」が開かれたのは、大正時代から続く、大船渡市盛町の「盛木町市場」です。この朝市は毎月5と0のつく日に行われ、大船渡市民の食を支え続けています。30日は地元を中心に35店舗が出店。しめ縄などの正月飾りや、正月用にアレンジされた花、年越し用の海産物、餅などが並びました。訪れた買い物客は、なじみの出店者との会話を楽しみながら、必要な品を次々と買い求めていました。

今日のニュースエコー

マダラで水産復興を▽渋谷に集う岩手県人▽「水しぎ」 ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/01/24 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。