IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

花巻空港で侵入者対応訓練/岩手

 2017年12月06日 17:58 更新

 いわて花巻空港で6日侵入者に対応するための訓練が行われました。テロが多発する国際情勢を踏まえ、様々な場面を想定した訓練です。
 6日の訓練は警察や空港事務所、ターミナルビルの職員などおよそ100人が参加し、3つの場面にわけて行われました。最初は不審者への対応訓練です。ハイジャックを企む不審な男2人が搭乗ロビーに現れ、職員に「飛行機に乗せろ」と要求。刃物で一般客を傷つけたあと、飛行機に乗れないことがわかると1人が屋外に逃げだします。110番通報を受けて駆けつけた警察官が残る1人を取り押さえ、現行犯逮捕しました。続いて、立ち入りが制限されている区域で不法侵入者を取り押さえる訓練です。先ほど逃げ出した男が飛行機の駐機場に侵入したという想定で侵入者の通報を受けた警察が現場に駆けつけ、男を取り押さえました。
(記者リポート)「飛行機の代わりに停まっているタンクローリーのそばに犯人が残した黒いバッグが置かれています。爆発物の恐れがあるため警察の機動隊が中身を入念に確認しています」
 最後は爆発物の処理訓練です。確認の結果バッグは爆発物の可能性が高いと判断され、防護服を着た機動隊員により専用の車両に収められました。国際的なテロの増加に加え、今後大きなスポーツイベントの開催で県内でも空港の利用客増加が見込まれ、関係機関の連携強化は欠かせません。
(訓練に参加した警察官)「2019年にラグビーワールドカップが釜石で開催されますし、その前後もたくさん行事ありますので、県内上げて対処能力の向上を図っていきたいと思っています」
 いわて花巻空港では今年度中にハイジャックを想定した訓練も行い、利用客のさらなる安全確保を図ることにしています。

明日のニュースエコー

高校生と門松づくり▽寒さを逆手に!▽この一年(4)政治 ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/12/14 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。