IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

伊達岩泉町長 女性記者へのわいせつ行為を否定/岩手・岩泉町

 2017年12月06日 17:53 更新

 去年の台風10号による被害から復興を進めるさなかで、町のトップの問題行動が発覚です。岩手日報社の女性記者にわいせつな行為をしたと報じられた岩泉町の伊達勝身町長が6日夕方会見しました。
 (伊達勝身町長)「今回の女性記者に対する行為に対しまして心からの謝罪を申し上げたい」
 午後4時半過ぎに町役場で会見した伊達町長は冒頭でこう謝罪しましたが、女性記者に抱きついたことは認めたものの、「キスをした」と報じられたことについては「あるわけがない」と否定しました。現時点での辞職も否定しています。この問題は今年10月中旬の早朝、伊達町長が岩泉町内に宿泊した岩手日報社の女性記者の部屋に入り、無理やり抱きついた上、複数回キスをしたというものです。このことを6日の紙面で報じた岩手日報社は午前に会見し、伊達町長に厳重に抗議し、謝罪を求めていることを明らかにしました。
(岩手日報社・松本利巧総務局長)「早く町長には明確に事実を認めて謝罪をしていただきたかった。残念ですし遺憾です」
 女性記者は休職していて、警察への被害届の提出については女性記者が弁護士と話し合ってからの判断となるということです。また6日午前、伊達町長は町議会でも岩手日報社の報道の一部を否定しながら陳謝していました。
(伊達勝身町長)「一部容認しがたい部分がありますけど、あらためて議員の皆さん、方、並びに町民の皆さんに心からお詫びを申し上げたいと思います」
 伊達町長は台風災害後のPTSD=心的外傷後ストレス障害を理由に今年10月30日からおとといまで休職し、きのう公務に復帰したところでした。

明日のニュースエコー

高校生と門松づくり▽寒さを逆手に!▽この一年(4)政治 ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/12/14 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。