IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

水稲の収穫量が減少/岩手

 2017年12月06日 11:22 更新

 今年の県内の水稲の収穫量は、8月の低温と日照不足が影響し去年より減少しました。
 東北農政局は6日、全国の水稲の収穫量を発表しました。それによりますと飼料用を含む岩手県全体の収穫量は26万5400トンで、去年を6200トン下回りました。このうち主食用の収穫量は25万500トンで、去年から3800トンの減少です。産地別でみると、県の北部が最も落ち込み、10アールあたりの収穫量が479キロと去年より24キロ減少しました。東北農政局は、「もみの数は平年よりやや多かったものの、8月の低温・日照不足で登熟=もみの成長がやや悪かった」と分析しています。県内の水稲の収穫量は、これで3年連続の減少です。

明日のニュースエコー

高校生と門松づくり▽寒さを逆手に!▽この一年(4)政治 ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/12/14 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。