IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

コンクリートミキサー車が消火に協力/岩手・大船渡市

 2017年12月04日 16:32 更新

 山火事や大規模火災の発生時に生コン組合が水の供給を手伝います。協定の締結を受けて4日、岩手県大船渡市でコンクリートミキサー車を使ったデモンストレーションが行われました。
 消防用水供給の応援に関する協定は、気仙生コンクリート協同組合と大船渡地区消防組合消防本部が先月結びました。4日は大規模火災が発生して消火用水が足りなくなったという想定でデモンストレーションが行われ、消防から応援要請を受けたコンクリートミキサー車2台が防火水槽に水を供給しました。コンクリートミキサー車は1台で4トンの水を供給することができ、山火事のように水利施設が遠い場所や規模が大きく消火用水が足りない場合に役立ちます。
(気仙生コンクリート協同組合・宮澤信平理事長)「万が一の時は我々が協力できることがあれば。世の中のために消防署のみなさんを応援したいなという気持ちでおります」
(大船渡消防本部・村上芳春消防長)「無水利地区、あとは水利が使えない状態になる恐れもありますので、そういう時にはミキサー車を活用した水利の確保というのは非常に有効な対策だと思っています」
 大船渡地区消防本部が管轄する大船渡市と住田町では、官民が連携して大規模火災に対応していくことになります。

明日のニュースエコー

高校生と門松づくり▽寒さを逆手に!▽この一年(4)政治 ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/12/14 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。