IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

防火意識を高めよう 子どもたちが消防体験/岩手・一関市

 2017年10月12日 11:50 更新

子どもたちが消火器を使って体験です。幼稚園や保育園の園児による消防体験が12日、岩手県一関市で行われました。
この「幼年消防大会」は子どもたちが、消防に関する体験をすることで、防火への意識を高めてもらおうと、一関市消防本部などが2年に一度、開いているもので今年6回目です。12日は一関市と平泉町の幼稚園と保育園の園児、600人余りが参加して行われました。子どもたちは水が噴き出る消火器を使って、炎の絵が描かれた的をめがけて放水。上手に消火体験をしていました。

(園児)
「見えない!」

また害のない煙を充満させた、トンネル状のテントをくぐる煙体験では、煙により極端に視界が悪くなる恐さを学んでいました。消防隊員の服を着ることのできるコーナーもあり、子どもたちは防火への意識を新たにしていました。

今日のニュースエコー

若者の投票を▽高齢者の交通事故防止▽老舗のMISO ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/10/17 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。