IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

「なぜ?」を訪ね歩く「なしてツアー」/岩手・釜石市

 2017年10月07日 22:50 更新

街中で「なぜ」と不思議に思う場所を訪ね歩くツアーが7日、岩手県釜石市で行われました。
この「釜石なしてツアー」は市民団体が企画したもので、「なして」は方言で「なぜ」とか「どうして」という意味です。市民16人が参加し普段、「なぜ」と思う場所を訪ね歩き、教育委員会の職員が解説しました。浜辺に建つトドの供養塔。なぜ供養塔があるかというと釜石では、食料などにするためトド漁が、明治の始めまで行われていたのです。また一見、レンガ造りの壁のように見える場所は、実は明治時代にあった橋の、橋げたであることが紹介されました。参加者は「なして」の疑問が解消されるたび驚いていました。

今日のニュースエコー

若者の投票を▽高齢者の交通事故防止▽老舗のMISO ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/10/17 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。