IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

農業生産法人の新たな展開 直営焼肉店をオープン/岩手・北上市

 2017年10月06日 18:50 更新

岩手県北上市の農業生産法人が、自社で生産するブランド牛やコメ、小麦などの魅力を直接消費者に伝えようと6日、直営の焼肉店を市内にオープンしました。
店内直営の焼肉店をオープンしたのは、北上市和賀町の農業生産法人、西部開発農産です。6日はオープンの午前11時に合わせて、次々と客が訪れました。掘りごたつやテラス席も備えた店内は84席あり、家族連れから仕事の打ち合わせにも利用できます。店では西部開発農産が生産する北上市のブランド和牛、「きたかみ牛」のハンバーグや、県産黒毛和牛の焼肉などを楽しむことができます。西部開発農産は黒毛和牛のほかコメ、小麦、野菜などを生産していて、耕作面積が820ヘクタールを超える、大規模な農業生産法人です。農畜産物の生産だけでなく、企業としての利益を高めようと2年前から、焼肉店の出店準備を進めてきました。今回、初の直営店をオープンさせるにあたっては、市内を中心に18人を採用しました。「顔の見える」生産者になろうという新たな挑戦ですが、さっそく訪れた客たちに料理は好評でした。

(利用客)
「仲間誘って来ました。(お肉どうですか?)おいしい。(食感は)いいです」「明るい雰囲気で店が大きく解放感がある。気軽に入れる」

(西部開発農産・照井勝也社長)
「まるぎゅうに来ていただき、新鮮でおいしいおコメ、牛肉、野菜を楽しんでほしい」

西部開発農産は今後、直営店のほかの地域への拡大やきたかみ牛、コメ、小麦粉などのネット通販も進めていく考えです。

今日のニュースエコー

若者の投票を▽高齢者の交通事故防止▽老舗のMISO ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/10/17 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。