IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

秋田駒ヶ岳 火山性地震が増加

 2017年09月14日 18:50 更新

岩手県雫石町と秋田県仙北市にまたがる秋田駒ヶ岳で14日、火山性地震が急増しました。
気象庁は14日午後0時40分、秋田駒ヶ岳で午前8時からの4時間に、129回の火山性地震を観測したとして、臨時の解説情報を発表しました。火山性地震はその後も続き、午後5時までの発生回数は225回に上っています。震源は男女岳の北西およそ1キロ付近の、深さ1キロから2キロです。マグマの移動などで起きる火山性微動は観測されず、地殻変動や女岳の噴気にも、変化は見られないということです。気象庁は噴火警戒レベルを、現状の1から引き上げていませんが15日、現地に火山機動観測班を派遣して調査することにしています。秋田駒ヶ岳での火山性地震は、今年5月28日に21回発生しましたが、その後は落ち着いていました。「岩手県の火山活動に関する検討会」座長で、岩手大学の齋藤徳美名誉教授は、「かつてない火山性地震の群発だ。地下で何が起きているかは解析できないが、登山シーズンでもあり注意を呼びかけたい」と話しています。

今日のニュースエコー

企業内保育所がオープン▽バスセンター跡地でイベント ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/09/21 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。