IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

活躍した児童、生徒へ「はばたき賞」/岩手

 2017年09月12日 19:00 更新

 スポーツや文化活動などで活躍した児童・生徒に贈られる県教育委員会の「はばたき賞」に5人と8団体が輝きました。
 「はばたき賞」は年に2回贈られていて、12日、今年度1回目の表彰式が行われました。受賞したのは新聞コンクールで2年連続内閣総理大臣賞を獲得した山田町立大沢小学校の新聞委員会や海に転落した男性を救助した大槌高校の小豆嶋大地さんなど、5人と8つの団体です。表彰式では全国高校総合文化祭で文化庁長官賞を受賞した北上翔南高校鬼剣舞部の小原夏海さんが今後も郷土芸能に真摯に取り組むと決意を述べました。

 (小原夏海さん)「民俗芸能を通して郷土を愛する気持ちを伝え皆様の期待に応えられるよう努力し続けたいと思っております」

 ジャパントラックカップ、男子ジュニアケイリンの部で優勝した紫波総合高校の中野慎詞選手は、現状に満足せず、さらに上を目指すことを誓いました。

(中野慎詞選手)「全国で優勝できたことはすごく嬉しいですけれど、全国で勝っただけであって世界では勝てていないので世界を目標にこれからも頑張っていきたいです。2020年の東京オリンピックでメダルを獲得したいです」

全国中学生選抜将棋選手権大会で優勝した岩手中学校の橋本力くんもしっかりと将来を見つめています。

(橋本力くん)「高校だとタイトルが4つあるんですけど、そのタイトルの4つを全部獲りたいと思います(記者:その先も考えていますか?)その先はもし全部獲れたらプロに挑戦しようと思います」

 受賞した児童・生徒たちは皆晴れやかな表情で次なる目標への思いを新たにしていました。

今日のニュースエコー

企業内保育所がオープン▽バスセンター跡地でイベント ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/09/21 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。