IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

教員が橋野鉄鉱山で研修会/岩手・釜石市

 2017年08月10日 18:50 更新

先生たちが地元岩手の世界遺産を学びました。岩手の歴史や文化の理解を深め、児童生徒の教育に生かそうという研修会が10日、釜石市で行われ世界遺産の橋野鉄鉱山について学びました。
研修会は県が主催したもので、県内の小学校と高校の教諭8人が参加しました。一行は釜石市の世界遺産橋野鉄鉱山で、県文化振興課の佐藤嘉広世界遺産担当課長から、日本で初めての洋式高炉の仕組みなどについて説明を受けました。県は子どもたちや若い世代に、故郷の歴史や文化の大切さを伝えようと、知事や職員が学校に出向いて、世界遺産について出前授業を実施しているほか、教員に向けた現地での研修を行っています。

(岩手県文化振興課・佐藤嘉広課長)
「世界遺産になった橋野鉄鉱山を、子どもたちに伝えるためには、先生方から直接お話しいただくのが、いちばんいいと思っている」

(参加した教員)
「すごい驚いた。明治の遺跡がそのまま、これほどていねいに残っているのは驚きました」

参加した教諭たちは、鉄づくりの工程などについて熱心に質問していました。県は来年1月ごろ、もう一つの世界遺産である平泉の文化遺産について、現地で研修会を開催する予定です。

月曜日のニュースエコー

江刺りんご初セリ▽XRAINで雨観測▽白球追い続け ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/08/21 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。