IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

人手不足解消目指し気仙就職フェア/岩手・大船渡市

 2017年08月10日 18:50 更新

震災後、慢性的な人手不足が続く岩手県沿岸被災地で10日、地域の企業と就職を希望する人たちが、一堂に会する就職相談会が行われました。
就職相談会は気仙地域を管轄する大船渡公共職業安定所が、震災後の人手不足を解消しようと毎年夏に行っているものです。大船渡で行われた相談会には、気仙地域の企業41社と、就職希望者およそ70人が参加。まず養豚や水産加工など地元企業が、仕事内容などを説明する企業PRが行われました。PRの後は就職希望者が、各企業のブースを訪れる個別相談です。採用する企業側にとっては、厳しい状況が続いているようです。

(スーパーを展開する企業)
「反応があることはあるんですけども、どうしても求職者の希望と、こちらの希望が合わないってことが多くありますね」

(水産加工業者)
「求人は出しているんですけど、なかなか思うように、求職者の方が集まらないような現状ですね」

気仙地域の有効求人倍率は6月末で1.57倍と、求人数に対して求職者数が少ない状態が続いています。大船渡公共職業安定所では、女性が働きやすいよう、勤務形態を見直すことなどを企業に提案し、人手不足解消を目指すことにしています。

月曜日のニュースエコー

江刺りんご初セリ▽XRAINで雨観測▽白球追い続け ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/08/21 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。