IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

「いわて県北三大麺」誕生/岩手

 2017年08月08日 19:00 更新

 冷麺、じゃじゃ麺、わんこそば。といえば岩手三大麺ですが、県北の3つの町と村の特産品を使った「いわて県北三大麺」が誕生し、8日盛岡で発表されました。
 荒波にもまれて育った普代村のコンブを使ったふだい昆布らーめん。磯の香りがほのかに広がります。女性の注目を集める軽米町のエゴマのパウダーを冷麦に練りこんだ軽米えごまめん。香ばしい風味が特徴です。やませによる冷涼な気候を逆手に取った洋野町のホウレンソウをうどんに練りこんだ、洋野ほうれん草めん。3つあわせていわて県北三大麺。県北の3町村がタッグを組んで商品化しました。8日は3町村と県、そしていわて6次産業化支援センターが流通関係者や生産者を招いて盛岡で発表会を開きました。会場では、3町村の担当者がそれぞれの特産品をアピールしました。

(キャスターレポート)「今回の発表会には県と3町村に加え、流通関係者や飲食店関係者も参加しいてるということで、担当者も売り込みに熱が入ります」
(小売関係者)「これから先、もっとイメージをアピールしていけばいいと思う。これから我々、小売業として微力ながら応援していきたいと思います」

 普代村のコンブ、洋野町のホウレンソウ、軽米町のエゴマ。それぞれの特産品を使ったいわて県北三大麺。先行して販売がスタートしているふだい昆布ラーメンに続いて、ほかの二つの麺も8日から地元の産直で、今月11日からは県内の量販店で販売を予定しています。

月曜日のニュースエコー

江刺りんご初セリ▽XRAINで雨観測▽白球追い続け ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/08/21 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。