IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

中学生がカキの種付け体験/岩手・陸前高田市

 2017年05月19日 18:50 更新

岩手県陸前高田市で19日、中学生が特産のカキの種付けの仕事を体験しました。
カキの種付けを体験したのは、高田東中学校の1年生60人です。学校では地域の産業を知り、働くことの大切さを学ぼうと、21年前からカキ養殖の体験学習を行っています。漁港の作業場に集まった生徒たちは、養殖漁家の大和田晴男さんや、広田湾漁協の婦人部のメンバーに指導を受けながら、カキの稚貝を間引く作業を体験しました。すがすがしい青空の下、生徒たちはホタテの殻に付着したカキの稚貝の、大きさや間隔が均等になるよう注意しながら、ドライバーを使って数を調整しました。

(体験した生徒)
「何個か残すところとか、いろいろ難しかったです」「けっこう大きいのとか残した」

そして間引きが終わった種ガキを、長さ4メートルのロープに固定します。これが「種付け」と呼ばれる作業です。その後、生徒たちは船に乗り込み、港から2キロ沖にある学校の養殖棚へ向かいました。19日に作業したカキは養殖棚に吊るされ2年後、生徒たちが3年生になる頃に食べ頃になります。

今日のニュースエコー

吟醸酒で全国1位に▽音の出る信号機▽旬感!アスパラ ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/05/26 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。