IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

中学生がカキ養殖の体験学習/岩手・宮古市

 2017年05月17日 19:09 更新

カキ養殖の収穫が最終盤を迎えている宮古で17日、山間にある中学校の生徒たちが森・川・海と繋がる豊かな自然を感じながら殻むき作業を体験しました。宮古市立花輪中学校の2年生です。宮古でも内陸部にある花輪中では、震災後、地元の海を定期的に訪れ、復興の現場を学ぶ取り組みを続けています。水産庁の「お魚かたりべ」にも任命されている、カキ養殖漁家・山根幸伸さんの説明を聞いたあと、生徒たちはカキの殻むきに挑戦し、「カキには山から流れてくる川の栄養分が入っている。川と山と海がつながっていると思った」と話していました。指導にあたった山根さんは「津波や台風などの災害はあるが豊かな環境がつながりあってこのカキが育つ。大切に守って下さい。」と生徒たちに語りかけていました。

今日のニュースエコー

吟醸酒で全国1位に▽音の出る信号機▽旬感!アスパラ ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/05/26 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。