IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

大規模山林火災 発生から1週間 鎮圧/岩手・釜石市

 2017年05月15日 19:00 更新

釜石市の大規模な山林火災は発生から15日で一週間となりました。15日午後、火災の鎮圧が宣言され延焼のおそれは無くなりましたが、鎮火まではさらに1週間程度かかる見込みです。「本日13時、消防長が鎮圧を確認したので宣言いたします」(釜石市災害対策本部本部長 野田武則市長)15日は午後1時に釜石市災害対策本部の会議が行われ、本部長を務める野田武則市長が火災の鎮圧を宣言しました。今月8日に釜石市の尾崎半島で発生した山林火災はこれまでに400ヘクタールが焼失したと見られています。ヘリコプターや地上での消火活動のほか週末からの雨で火の勢いは弱まり、15日の陸上や船による現場の確認でも異常は見られず、午後1時の鎮圧宣言となりました。最終的な鎮火までにはさらに一週間はかかる見通しです。先週避難指示が解除された尾崎白浜地区では浜の仕事が本格的に再開しました。漁港では漁家の人たちがホタテの「耳吊り」の作業に追われていました。「消防の方にご苦労かけましたが家に帰ってこれて仕事ができることはいいことですね」(漁家)鎮圧宣言を受けて消火活動に大きな役割を果たした自衛隊は15日現場を撤収し、一時、避難指示が出た尾崎白浜地区と佐須地区の自治会長が感謝を伝えました。「延焼が集落まで至らず、住民全員が平穏な暮らしに戻れるのは自衛隊の皆さまが連日の消火活動に尽力いただいた結果と思っている」(自治会長)また、釜石地方森林組合は県と共同で16日と17日の2日間GPSによる測量で焼失面積の確定作業に入ります。組合は「焼失面積が広大で被害額は最大で10億円に達するおそれがある」としていて、「全国的にも希少なモミの木の群生など自然環境が大きく破壊された可能性がある」と話しています。

今日のニュースエコー

吟醸酒で全国1位に▽音の出る信号機▽旬感!アスパラ ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/05/26 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。