IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

台風10号被害乗り越え 道の駅いわいずみ全館再開へ 

 2017年04月19日 19:00 更新

台風10号で大きな被害を受け、レストランなどの休業が続いていた「道の駅いわいずみ」が20日、全館での営業を再開します。およそ8か月ぶりの再開を前に、復興を目指す仲間たちが駆けつけました。「岩泉町乙茂地区に来ています。台風被害の大きかった地域の一つです。こちらに見える岩泉球場は復旧には今年度いっぱいかかりそうだということです。しかし、球場の周囲に植えられた桜は今まさに満開を迎えています。」(リポート)台風被害にも負けず力強く咲いた桜の花は、復興へと向かう町民を励ましているようです。その球場の隣にあるのが、「道の駅いわいずみ」です。台風10号で被災し、去年11月に売店部門が仮オープンしましたが、レストランは営業休止が続いていました。台風被害からおよそ8か月、いよいよ20日、レストランも含めた全館が営業を再開します。町内の物産を販売するコーナーでは、道の駅を運営する岩泉産業開発の社員が商品の陳列などを行っていました。「龍泉洞の化粧水」は品薄状態が続いていましたが、道の駅の本格再開に増産が間に合いました。「龍泉洞の水」とともに全国にファンを持つ岩泉のブランド商品となっています。そしてレストランでは。オープン日を間違えたわけではありません。入店してきたのは岩泉乳業の社員や取引企業の担当者たち。それぞれが客の役になって、営業再開に向けたリハーサルです。レストランのレイアウトが少し変わったこともあり、久々の接客にスタッフが戸惑うような場面もありました。「今まで掃除ばっかり、復興に向けて作業していたので、仕事の勘を取り戻すというか元気に頑張っていきたいと思います。」(スタッフ)「自分達のところはまだですけど、先陣切って頑張ってほしいなというのがあります。」(岩泉乳業 社員)働くスタッフの顔にも見つめる仲間たちの顔にも笑顔がほころびました。「明日からこうであろうということをしっかり認識してもらうためにも、やっぱり一回リハーサルやっておかないと。心を込めてお出迎えしたいと思います。」(岩泉産業開発・岩泉乳業 山下欽也 社長)台風被害の発生から間もなく8か月。困難な道のりの中にも、確実な春の手ごたえが感じられました。

今日のニュースエコー

陸前高田・市街地再生へ商業施設▽GWおすすめ(4)青森 ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/04/27 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。