IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

700年の時を重ね…満開の「北館桜」

 2017年04月19日 19:00 更新

今週のニュースエコーでは「サクラに会いに」と題して見頃を迎えた県内各地の桜を訪ね歩いています。19日は奥州市衣川区の歴史を700年以上に渡り見守ってきたサクラです。奥州市衣川区、東北自動車道のすぐ脇に一本のサクラが咲いています。一週間ほど前に開花したサクラは今、満開です。あたりはかつて「北館」と呼ばれ平安時代の豪族、安倍氏一族の屋敷があったとされています。それにちなみ、サクラは「北館桜」と呼ばれ、今から700年以上前にこの地を訪れた南蘇坊という僧侶が植えたと言われています。衣川区の歴史を講談で語り継ぎ、北館桜を長年見守ってきた伊藤敏男さんです。「真に枝振りが非常によく見た目がかっこよいなんといっても700年生きてきたという歴史、生命力は感動」(奥州衣川青凛会 会長伊藤敏男さん)19日は宮城県から近くの農家に農業体験に来た中学生たちも桜を見に来ました。「こんなに生き続けているのに新しい枝がどんどん出てくる自然はすごい」「地元では古い桜をみたことなかった農業体験に来たけどこういう歴史的なものにふれられてよかった」(宮城県の中学生)「『700年たつ桜あるから見ますか?』と聞いたら『見る見る』というから連れてきた。若い木と同じようにずいぶんきれいに咲くもんだなと」(中学生を連れてきた地元の農家)700年の時を超えて今もなお、咲き誇る北館桜。時を重ねながら移りゆく地元の歴史を見守り続けます。

今日のニュースエコー

陸前高田・市街地再生へ商業施設▽GWおすすめ(4)青森 ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/04/27 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。