IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

盛岡藩の行政の歴史を知る企画展/岩手・盛岡市

 2017年04月19日 11:18 更新

盛岡南部家の貴重な資料をもとに、当時の盛岡藩の行政を知ることができる企画展が19日、はじまりました。この企画展は、盛岡南部家5代当主・行信(ゆきのぶ)から10代当主・利正(としまさ)の時代に焦点を当てており、会場の「もりおか歴史文化館」には盛岡藩の公式文書など83点が展示されています。6代当主・信恩(のぶおき)の時代に、盛岡城の石垣の補修の許可を江戸幕府に求めるため記された工事の計画図からは、飢饉による財政難で数十年にわたって補修ができず城が崩壊する可能性もあったことがわかります。また、家老が記した藩の日記「雑書」は、1731年・享保16年に岩手山の噴火活動が活発化し、広大な森林と原野が焼けたことなどが記録されている貴重な資料です。この企画展は7月2日まで開かれています。

今日のニュースエコー

陸前高田・市街地再生へ商業施設▽GWおすすめ(4)青森 ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/04/27 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。