IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

「オガール」全施設完成で記念イベント/岩手・紫波町

 2017年04月18日 17:54 更新

 岩手県紫波町にある行政と民間の複合施設「オガール」で整備予定だった全ての施設が完成し、18日記念のイベントが行われました。施設を活用した今後のまちづくりに注目です。
 紫波中央駅前の町有地で2009年から整備が始まった紫波町のオガールです。今年度、民間の保育園に加え小児科やスポーツ用品店などが入る商業施設「オガールセンター」が新たにオープンし、整備予定だった全ての施設が完成しました。18日はオガールにある情報交流館で完成記念のシンポジウムが開かれ、紫波町の熊谷泉町長やオガールの運営会社の岡崎正信社長が、構想から完成までの10年余りを振り返りました。
(シンポジウムでの岡崎社長)「官主導の公民連携はどこの町でもやっています。民間が主導する公民連携がこれから都市経営では大事だということ。稼ぐ公民連携という新しいやり方にシフトするということが大事」
(記者)「産直施設に宿泊施設、そして町役場が立ち並ぶ一角に今年度オープンしたのがこちらのエリア、整備のキーワードは子育て支援です」
 新たなエリアで今年度新たに開業したオガール保育園です。民間の社会福祉法人が運営していて、すでに定員の140人に対し137人の園児を受け入れています。同じ区画には小児科もオープンし、町内で子育てをする母親の利便性を考えたエリアとなっています。
(女性)「病院とかできれば安心ですよね。何かあった時とか。隣の町とかいかないと時間が掛かっちゃうのでちょっと用事済ませるのにも時間が短くなるのでいいと思います」
(熊谷泉・紫波町長)「舞台装置は整った。あとは町民がここでどういう演技をするか、自分も一緒に楽しんでいただける場所になれるかが今後の課題」
 町は今年度を「オガール元年」と位置付けています。完成した施設を活用してどのような町を目指すのか、官と民が連携した今後のまちづくりに注目が集まります。

今日のニュースエコー

陸前高田・市街地再生へ商業施設▽GWおすすめ(4)青森 ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/04/27 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。