IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

3連休最終日 盛岡市動物公園賑わう/岩手

 2017年03月20日 19:00 更新

三連休最終日の20日、盛岡市動物公園には多くの家族連れが訪れました。子どもたちはエサやり体験を通して動物との触れ合いを楽しんでいました。
19日は2000人を超える人が訪れたという盛岡市動物公園。20日も開園直後から人が絶えません。土日や祝日に行っている「えさやり体験」がある20日、長い列ができたのは、ライオン小屋の前です。オスのライオン・キングに肉をやることができます。抽選で選ばれた20組の親子は柵越しに棒の先につけた牛肉をやっていきます。ライオンは1日に1回エサの時間があり、オスは5キロ、メスは4キロもの肉を食べます。20日はライオンの一口サイズにカットされた肉を子どもたちが恐る恐る差し出していました。「迫力がありました(怖くなかった?)少しこわい」「噛み切るように食べていました」(参加した兄と妹)他にもアフリカゾウのマオへパンをやる体験も行われ、鼻で器用にパンを受け取る姿に訪れた人たちは感心していました。20日は園内にも強い日が射しました。飼育員さんのバッグに入りお散歩をするミーアキャットは人気物で小さな体をなでることができます。一方、陽射しの気持ちよさからかぐっすりと休む動物も・・。夜行性のアナグマは木の小屋の中に7・8匹が身を寄せ合っていて寝ていました。動物公園ではこれからも土日を中心にふれあいイベントを開催していきます。動物公園の開園は11月までで休園日は毎週水曜日です。

今日のニュースエコー

センバツ甲子園▽第3期復興実施計画▽農家所得増大へ ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/03/27 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。