IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

県立博物館で企画展 絵画でたどる19世紀の岩手/岩手・盛岡市

 2017年03月18日 11:55 更新

明治時代に描かれた風景画を通して、19世紀の岩手の面影をたどる企画展が18日、盛岡で始まりました。
岩手県立博物館で始まった企画展には、明治時代に活躍した画家が描いた岩手の風景画、およそ100点が展示されています。このうち水彩画「岩手県鉄道沿線名所図巻」は、北は二戸から南は一関までの鉄道沿線の風景が、およそ10メートル以上に渡って巻物に描かれていて、当時の風景をリアルに感じることができます。また明治時代の陸前高田市の風景が描かれた水彩画は、気仙川にかかる橋が木製だったことや、高田松原は当時から松がうっそうと生い茂っていたことを知ることができます。この企画展は5月7日まで開かれています。

今日のニュースエコー

センバツ甲子園▽第3期復興実施計画▽農家所得増大へ ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/03/27 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。