IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

栗駒山 水蒸気噴火ハザードマップ完成

 2017年03月14日 18:29 更新

 岩手・宮城・秋田にまたがる栗駒山の火山活動に関する防災協議会が14日岩手県盛岡市で開かれ、水蒸気噴火を想定したハザードマップが完成したことが報告されました。
 協議会には火山の専門家のほか達増知事や県、気象台の職員など40人余りが出席し、栗駒山で水蒸気噴火が発生した場合を想定したハザードマップの完成版が発表されました。このハザードマップは過去1万年の間に起きた水蒸気噴火をもとに作成され、噴火の可能性がある範囲や火山灰が降る範囲などが記載されています。専門家らによりますと現在、栗駒山で活発な火山活動はみられず、仮に水蒸気噴火が起きた際にも人家への被害はないと想定されています。今後は完成したハザードマップの周知方法が検討されるほか、マグマ噴火が発生した場合のハザードマップの作成も進められます。

今日のニュースエコー

センバツ甲子園▽第3期復興実施計画▽農家所得増大へ ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/03/27 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。