IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

かけはし交流商品も 大沖縄展が開幕

 2017年02月16日 18:50 更新

まだ冬の寒さが続く岩手・盛岡に、南国沖縄の食と工芸がやってきました。盛岡のデパートで16日始まった「ちゅらしま大沖縄展」。24年前のかけはし交流から生まれた商品も並んでいます。
会場のカワトクには盛岡の友好都市、沖縄県うるま市の関係者もかけつけ、テープカットで大沖縄展の開幕を祝いました。今回は沖縄から食品や工芸品、52社が出店していて、マンゴーを使ったスイーツやゴーヤチャンプルー、らふてぃなど沖縄ならではの食品がずらりと並びます。沖縄はビタミンCが豊富なアセロラの産地としても有名で、今回はアセロラのフローズンが初登場しました。(甲斐谷キャスターリポート)「舌触りがとても滑らかです。酸味が強いかなと思っていたのですが、それほど酸っぱさはなくて、甘さも控えめなのでちょうどいいバランス」こちらも初登場、沖縄のご当地バーガーナンバーワンを決める、沖縄バーガーフェスタでグランプリを受賞した阿麻和利バーガー。バンズは沖縄で栽培されている島人参が入っているため黄色です。そして中には10時間スモークした豚肉、さらにこちらも沖縄の特産品で、糖度が高く甘い黄金いものムースや、ゴーヤのピクルスも入っています。豚肉の旨味が引き立つ中にも香る甘さが特徴です。今回は岩手とのつながりから生まれた商品も。こんぶ塩とこんぶ茶は、石垣島の天然の塩と、岩泉町の小本浜で採れた黒コンブを使って作られたものです。24年前、岩手が大冷害で種もみの確保が難しくなったとき、石垣島で種もみを増殖してもらって以来、岩手と沖縄ではかけはし交流が続いています。こんぶ塩とこんぶ茶の製造元、「石垣の塩」はかけはし交流の縁と、台風10号の復興支援を目的に商品を開発しました。(石垣の塩・高木正典さん)「この商品を通じてさらに深く、絆を深めていければと思っています。今後ともよろしくお願いします」こんぶ塩とこんぶ茶は、沖縄に先がけて大沖縄展が初めての販売で今後、コンブの収穫量を見ながら全国展開したい考えです。ちゅらしま大沖縄展は22日まで開かれています。

明日のニュースエコー

県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2017/02/23 放送予定]

最新ニュース

新1年生の防犯・交通安全教室

2017年02月22日 18:50 更新

震災避難者の肖像画を本人に/岩手

2017年02月21日 19:00 更新
動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。